なえまる*はなまる

典型的かに座なアラフォー庶民のQOLを上げる暮らしのアレコレ

夏の冷えこそ温める!ゆたぽんや冷えとり靴下がおすすめ!

こんにちは、なえまるです。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

 

子供が夏休みに入り、なかなかブログタイムが取れず……。

久々の更新となりました……。

 

全国的に梅雨が明け、いよいよ本気の夏本番ですね!

 

しかしこの暑い夏だというのに、意外と冷えてしまっているアラフォーの体……。

 

急激な気温の差がてきめんに来るんです……

 

たとえば、スーパーのお買い物!

暑い中たどり着いた売り場は涼しくて快適~♬

と思えるのは束の間!

 

寒い!寒すぎる!

 

あっという間に体が冷えてしまいます……。

 

たとえば、室内での生活!

もちろんクーラーなしでは生活ができません。

家でも職場でもクーラーはほぼフル稼働。

だけどうっかり薄着だったりするんです……。

 

くるぶしまでの短い靴下、誰も見ないだろうからと部屋着のショートパンツ……。

知らぬ間に冷えてしまっています……。

 

今日はそんな、冬と比べて気づかぬうちにうっかり冷やしてしまって、なんとなく不調だな……という妙齢の私の夏の冷え対策についてご紹介したいと思います!

 

冷える前と冷えてしまった後の対策あります!

 

夏の冷えにご用心!

 

 

見過ごしてはいけない夏の冷え

 

前述の通り、夏の冷えはついうっかり……ですとか、不可抗力のうちに蓄積しがちなのです……。

 

生理痛や肩こり、腰痛などの症状を引き起こす夏の冷え

 

体の冷えによって引き起こされる症状で特に自覚しているのは、疲れのとれにくさ、生理痛がひどくなった、肩こりの悪化です。

また最近は腰痛を訴えることも増えました……。

 

春先まではそんな症状を感じることはほとんどなく、これは冷えが関係しているのだろうと思い始めました。

気温差によって自律神経が乱れて不調が生じている自覚ありです……。

 

ここ2ヶ月、生理痛がひどくてつらすぎます……

 

冷たいもののとりすぎにも気を付ける!

 

ついつい暑いから、と気づけばアイスコーヒーや冷たい麦茶、あっさりとしたアイスやかき氷に手が伸びがち……。

 

冷たいものの取りすぎは体の内側から冷えてしまうと分かっていても、この暑さと喉越しの良さを求めてしまいます……。

 

温かいものを摂ると全身汗が噴き出てしまうし……

 

更年期のはしりなのか!?調整に苦労しています……。

 

今すぐできる夏の冷え対策

 

このままではいかん!

 

まずは意識を変えるだけでできそうな対策から取り入れてみましょう!

 

一枚多く服を羽織る

 

私が一番気を付けているのは、羽織物を必ず持っていくことです!

トップスはどちらかというとノースリーブや薄手の素材のものを好んで着ますが、それは羽織物を必ず着るためでもあります。

 

薄手のカーディガンは夏の必須アイテム!

 

UV加工してあるものであればなおよしですね!

 

 

室内では靴下をはく

 

家で過ごす際は裸足、職場ではストッキングでは暑いので浅履きのフットカバーであることが多々……。

これでは冷えてしまっても仕方ないです……。

 

足首をカバーできる長さの靴下をはくことで、下半身の冷えを防ぐことができます。

レース靴下などはお仕事用のパンプスでも相性がいいと思います。

 

 

薄手の腹巻でおなかを守る

 

できれば1枚は持っていたいのが、薄手の腹巻です!

おなかを温めておくことで、うっかり夏の冷えを防ぐことができると思っています。

 

この暑いのに腹巻!?という方もいらっしゃると思いますが、夏用の薄手の腹巻もたくさんありますのでお試しいただきたいです。

 

ただ外出が多い日は、やっぱり腹巻をしていると暑くてつらい……と思う場面もあります……。

 

その日の気候と行動と相談して取り入れてみては?

 

 

シャワーだけではなく入浴する

 

以前のエントリーでも熱く語ってしまいましたが、夏こそ入浴がおすすめです!

 

暑すぎて無理……シャワーでさっと済ませたい!という方には、入浴剤やクールシャンプーをお試しいただきたいです。

 

hanamaru15.hatenablog.com

 

今年の夏の入浴は、クールシャンプーと入浴剤でとても快適です♬

 

冷えてバキバキになった肩にはゆたぽんがおすすめ!

 

冷え対策を取り入れても、やっぱり冷えてしまった……というときは、あたためましょう。

冬の冷え対策のために買っていたアイテムが、実は夏でもそのまま役に立ちましたのでご紹介します!

 

私の愛用品はこちらのゆたぽん!

 

 

電子レンジで温められ繰り返し使えて便利

 

使い方はとても簡単!電子レンジで指定の時間、チンするだけで心地よい温かさになります。

 

それを例えばブログの執筆中に、ご飯の準備中に肩にのせておく……。

これだけでバキバキの肩が少し楽になります!

 

私が使っているすみっコ暮らしのゆたぽんは365回、繰り返し使えることができます。

毎日使えば1年、冬だけなら4年……というように、購入した日にちは控えておき、定期的な買い替えは必要、と覚えておきましょう!

 

冷えた体にここちよいあたたかさが続く

 

電子レンジでチンしたてのゆたぽんは、肩に乗せると熱いかも!くらいですが、だんだんといい感じの温度になっていき、徐々に冷めていく感じです。

 

約30分、じんわりじんわり肩を温めてほぐしてくれる感覚です。

肩も楽になりますが、心もほぐれてリラックスできているように感じます!

 

何気に冷える足首には冷えとり靴下がおすすめ!

 

真夏に裸足で家をうろうろしてると、足裏はベタベタになってしまう……。

足って汗をかくと思いきや、意外と足首は冷えてしまっているのです!

 

首とつく場所は冷やさない!

 

妊娠中、真夏に裸足で産婦人科に行ったら、ベテラン助産師さんに怒られました……。

夏だからって裸足はダメ!足首が冷えるから!すぐに長めの靴下履いてね!って……。

 

こ、こんなに暑いのに!?お腹が大きくて靴下履くの大変なのに!?と思いましたが、その後は頑張って靴下を履いたものでした。

 

首、手首、足首、くびれ(お腹)の4つのくびを冷やさないことで、血流の多い血管を流してやることが、体の冷えを防ぐポイントになるそうです。

冷えのせいだったか因果関係は定かではありませんが、私は予定日を10数日過ぎても産気づかず、なかなかの難産となってしまいました……。

 

夏はどうしても手首は露わになりますので、足首はしっかり守れる時には守るべき、と思った出来事でした!

 

シルクと綿が2重になった冷えとり靴下が便利

 

家にいるときによく履いているのがこちらの冷えとり靴下です!

 

 

 

冷えとりや温活というと奥が深く、私は突き詰めることはできませんで、ライトに冷えとり靴下を楽しむだけなのですが……。

 

肌に当たる部分はシルク、外側はウール素材で1足履くだけでしっかりと温まる実感を得られます。

温かいけど汗で不快になる……ということもなく、冷えに応じて5本指に先丸をプラスしたりと調整できるところが気に入っています。

 

冷えとり靴下と絹の肌着|くらしきぬ公式オンラインショップ / TOP

 

おしまい

 

アラフォー、年々あちこちにガタがくるのか……と実感せずにはいられない今日この頃。

本当に実感しています……。

冷えは万病のもと、とはよく言ったものです!

 

やはり、まずは冷やさないように気をつけて暮らすこと。

それでも冷えてしまったら、温めて体のケアをしていくこと。

これを心がけることによって、QOLが上がると思います!

 

一昔前の常識が通用しない近年の日本の夏、熱中症には気をつけつつ、冷えすぎにも注意をして少しでも快適に暮らして行けたらと思うばかりです。

 

ということで、本日はここまで!
最後まで読んで頂き、ありがとうございました!