なえまる*はなまる

典型的かに座なアラフォー庶民のQOLを上げる暮らしのアレコレ

夏休みの風物詩!メリットいっぱいのラジオ体操はいかがですか?

こんにちは、なえまるです。
ご訪問いただき、ありがとうございます。

 

子供たちのお楽しみ!夏休みがやってきましたね!

 

スイカやラムネや風鈴が並ぶ夏の風物詩

 

そう……子供は大喜び!

だけどワーママにとっては過酷な季節が到来しました……。

 

給食が……ないよ??

 

長期休暇ほど、給食のありがたさが身に沁みますよね……。

と、ゆううつな気持ちはひとまずおいておいて!

 

夏休みの定番行事といえば!

 

朝から地域で集まってのラジオ体操!

 

せっかくの夏休み……6時過ぎに起きるなんて早すぎる……。

なんとか起きて寝ぼけまなこのまま、パジャマなの?みたいな服を着て、スタンプカードを首からぶら下げて会場まで歩いて行ったあの記憶……。

 

アラフォー世代のみなさまには懐かしい思い出ではないでしょうか?

 

近年では地域間の関係が希薄であったり、騒音問題などの理由で、集まってのラジオ体操を行なっていないところもあるかと思いますが……。

私が暮らしている地域ではありがたいことに、ラジオ体操をやりましょう!と音頭をとってくださる方がいらっしゃって、毎年夏休みにはラジオ体操ができる環境にあります。

 

ただ、今までずっと、朝は準備で忙しくて、子供を起こしてまで行かせてる余裕がない!と参加したことはありませんでした……。

 

それが今年はどうしたことでしょう。

子供が率先して起きて、自分で準備をしてラジオ体操にいくというではありませんか!

 

ということで20数年ぶりに、夏休みのラジオ体操に私も同行することとなりました!

今日はそんなこんなで、夏の風物詩、ラジオ体操について書いてみたいと思います!

 

夏の風物詩、ラジオ体操について感じたアレコレ

 

 

みなさんお馴染みのラジオ体操!

 

老若男女問わず、ほとんどの方がご存じであろうラジオ体操。

物心ついたときには身についていたラジオ体操について、少し勉強してみました。

 

ラジオ体操の歴史を紐解く

 

ラジオ体操の始まりは古く、1928年(昭和3年)に旧ラジオ体操第1が制定され、放送が始まったそうです。

 

戦前からラジオ体操は存在していたのですね!

 

その後、紆余曲折を経て、現在行われているラジオ体操は3代目とのことで、こんなに長い歴史があったとは知りませんでした!

 

年表がなかなか興味深かったです。

ラジオ体操の歴史|かんぽ生命

 

ラジオ体操の歴史は深い……

 

ラジオ体操第1とラジオ体操第2の違い

 

ラジオ体操、第1は定番ですが……。

第2はちょっと動きが怪しい私です……。

 

その効果はそれぞれに違っていたことを改めて知りました!

 

www.hospita.jp

 

第1は血行促進、肩こりの緩和、ゆがみ対策の効果が、第2は筋力強化、内臓の動きを活性化させる効果がそれぞれ期待できるとのこと……!

 

それぞれを意識して運動しよう!と思いました!

 

ラジオ体操をするメリット・デメリット

 

ラジオ体操におけるメリット、デメリットは以下のようなものがあると思っています。

 

メリット①・健康増進につながる!

 

老若男女、誰もが行えるラジオ体操。

本気で取り組むとなかなかハードで、体に効いている……と実感できます!

日常生活において意識しなければ動かせていない箇所を動かすことができ、短時間で取り組むことができるので、継続しやすいとも思います。

 

ラジオ体操は椅子に座った状態でもできますよね!

テレビ放送もあるので、習慣化させやすいと感じています。

 

メリット②・規則正しい生活ができる!

 

テレビ放送やラジオ放送に合わせると大体6時30分ごろには運動をするために準備をしないといけません。

つまり、早起きができますね!

 

ラジオ体操も立派な朝活です!

 

hanamaru15.hatenablog.com

 

夏休み、子供の生活リズムを狂わせないためにも、朝のラジオ体操に参加させることは有意義なことだと思っています。

 

メリット③・地域の人と関わりを持てる!

 

夏のラジオ体操、地域の方が集まって開催される場合は、朝から近所の子供達と会えるのを楽しみに参加することも素敵だなと思います。

私の参加しているラジオ体操は地域の大人も参加できるので、近所の方との関わりを持つこともできます。

 

必要以上にお付き合いをすることは憚られますが、お互いに顔見知りで何かあった時にはお話ができるくらいの関わりは、防災上の観点から見ても大切なものではないかと思っています。

 

デメリット①・早朝の運動の危険性に注意!

 

朝一のラジオ体操はかえって逆効果、というお話もあるようです。

 

平素運動を行なっていない人が、急に早起きをしていきなりラジオ体操をすることは、急激な血圧上昇を引き起こす可能性もあるようです。

また、起き抜けは筋肉や関節が固まっていて、激しい負荷をかけると逆効果になりかねない、と……。

 

そういった危険性も頭に置いて、ラジオ体操に参加するのであれば、余裕を持って起きて体を動かしておくこと!

張り切りすぎないで、ゆっくりとした動きで体操をすることを心がけたいなと思っています。

 

子供と参加してみて感じたこと

 

夏休みのひまわり畑

 

我が家は今の所、毎朝私が付き添って参加しています。

少し歩いたところが会場となっているため、早朝に子供だけで行かせることに若干不安があるもので……。

 

昔は子供一人で歩いて行ってたのに……

 

自分が子供の時には、平気で子供一人で参加していたラジオ体操……。

一緒に行くなんて過保護かな?と思います……。

甘やかしすぎているのかもしれませんが、やはり時代が違うから、とは思ってしまいます。

 

キッズケータイを持たせるとか対策を立てて、子供だけで行かせるという経験をさせることも大切かなと思いつつも、まあ今年は初めて参加しているわけだし……と思うことにしています。

 

単純に私も子供に混じって、ラジオ体操に取り組みたい!という気持ちもあって一緒に参加しているところもありますが……。

 

時代の変化を肌身に感じながら、それでも変わらぬ夏の風物詩に思いを馳せてみたりしています。

 

いつまで手を繋いで一緒に歩いてくれるかな?

 

道中、何をいうでもなく手を繋いでくれる我が子。

普段のお出かけではそんなこともなくなってきたのに……。

それこそ寝ぼけまなこでまだ頭がしっかり働いていないのか、ゆったりとした朝の時間に一緒にお散歩することなど、普段はできない経験ができていることが私も嬉しくもあります。

 

まだまだ母と一緒に行動したいといってくれるお年頃。

忙しさにかまけて、それを煩わしいと思ってしまう時も正直あります。

一人の自由時間がもっと欲しい!と感じる時もありますが、こんな風に子供と過ごせる時間は有限であって、来年にはもうなくなってしまうかもしれないな……と思うと、大切にしないとなぁと思っています。

 

夏休みの小さな思い出になってくれたらいいな

 

おしまい

 

ラジオ体操のメリット・デメリットもさることながら……。

毎日バタバタとして子供とゆっくり向き合えていない日々の中の、ささやかな時間を大切にしたいという気づきを与えてくれた夏のラジオ体操!

 

正直、朝の30分は死活問題ですが……今年は極力一緒に参加したいと思っています!

 

ということで、本日はここまで!
最後まで読んで頂き、ありがとうございました!