なえまる*はなまる

典型的かに座なアラフォー庶民のQOLを上げる暮らしのアレコレ

アラフォープールに行く*心と体のデトックス!水着選びは?

こんにちは、なえまるです。

ご訪問いただき、ありがとうございます。

 

最近運動していますか?

 

恥ずかしながら私、コロナ禍でおうち時間が増えてしまった過去2年間は、順調に体重増加してしまいました。

右肩上がりの体重増加に、基礎代謝が落ちてきていることを痛感しつつも、やっぱり運動不足も原因だよなぁ……と言いつつ目を背けて過ごす日々……。

 

しかしコロナ禍3年目で、世間も自分自身も気をつけながらならば、さまざまな活動を再開してもいいんじゃないか?という空気になっていますよね。

 

そんな空気の中ですが、子供と一緒にプールに行くことが増えました。

はい、アラフォーなのに惜しげもなくプールに行っていますよーーー!

 

アラフォープールで心と体のデトックス


プールに行くといいましても……。

 

私は全く泳げません!

 

泳ぐのが好きな子供の付き添いでプールに行って、一緒にプールに入るだけです。

 

そんな私でも、プールってQOL上がるな!と実感しています。

 

 

プールに行くことで心と体のデトックスに!

 

気分転換になる

 

まず、「プールに行く」ということがもういい気分転換になります。

ちょっとしたレジャー気分で準備をして、プールに向かうだけでワクワクしてきます。

子供のテンションも上がっているので、それだけでまず気分が変わります。

 

そして、泳げないなりに背浮きを練習中なのですが、水に浮かんで天井を眺めているだけで心のデトックスになります。

無心で水に浮かぶことがこんなにも癒されるとは思いもしませんでした。

 

ダイエットになる

 

劇的に効果が出た!と感じるにはまだまだなんですが……。

やはりいい運動、ダイエットにつながっていると思います!

 

水中ウォーキングは体への負担が少なく、安全に続けることができます。

適度な水温の中でウォーキングをするので、汗をかいてどうにもならない!ということもなくて、長い時間のんびりと歩き続けることができます。

無理のない運動を長時間続ける、これって日常生活においてはとても難しいのですが、プールの中だと楽しく続けることができるんですよね……。

 

子供とプールに通い始めて、体重が増えた!ということはなく、維持ができているように感じます。

 

気になる下半身もスッキリしたような……!

 

ここは前向きに効果あり!と思うことにしています!

 

肩こり改善に効果的

 

これはこれから泳げるようになったら、より期待したいものなのですが……。

クロールや背泳ぎの動きは肩こり改善に効果あり!という情報がありますよね。

 

手を伸ばして頭上で組んで背浮き、この姿勢をキープするだけでも肩が少しほぐれているのを感じています。

今後の自分の泳力アップとともに、肩こり改善効果は期待していきたいと思います!

肩がバッキバキで、子供のように綺麗なストリームラインを維持できないので……。

これもひとつ目標にして、頑張っていきたいですね!

 

良く眠れるようになった

 

一回泳ぎに行くと、プールに入っている時間は大体1時間半程度……。

そこから自宅に帰るころには、いい感じに眠気がやってきます。

 

泳いだ後の昼寝の気持ち良さたるや!

 

子供の頃から、プールの後のお昼寝は大好きでしたが、それは今も健在です。

心地よい眠りを求めてプールに向かう、そんなところもあります。

 

昼寝だけに限らず、プールに行った日の夜は寝つきも良く、朝までぐっすり眠れます。

やっぱり体を動かしたあとは違うなぁ……としみじみ感じています。

適度な運動がもたらす充実した疲労感、これは普通に過ごしているとなかなか得られませんよね。

 

そんなこんなな効果に、プールっていいな!と思って、継続的にプールに向かう日々です。

 

アラフォーのプールコーデはどうしてる?

 

アラフォーの私にとって、プールで泳ぐことへの一番の障壁は、やはり水着姿を晒すということ……。

もちろん抵抗感しかありません……。

 

ただし私が泳ぎに行くプールはそれこそ、小さなお子さん連れの同世代ファミリーであったり、健康維持のために泳ぎ続けていらっしゃる先輩世代が多いです。

 

正直私も周囲を見てどうこう思うこともなく、自分が見られているとも感じないので、そこは割り切っています。

 

が、年相応の水着を着ていくことは大事だな……とも思っています。

 

 

このような長めのパンツがセットになった水着に、ラッシュガードを着用しています。

プールではフード付きのラッシュガードの時には、フードを中にしまうように声をかけられることもあると思いますが、着用自体は止められたことはありません。

なるべく露出を控えたコーデを心がけています!

 

あと市営プールなどはキャップ着用必須のところが多いかと思います!

 

 

近視の人って泳ぐ時にはどうしているのかな……と思っていたら、度付きのゴーグルが市販されていることに気づきました。

そうか!ゴーグルに度が入っていれば快適に泳げるのね!と感動してしまいました……。

 

 

おしまい

 

今まで泳げないから近づくことのなかったプールでしたが、子供の付き添いをきっかけにいろいろなことに気づくことが出来ました。

 

ジムに入会せずとも行きたい時に行ける市営プールや、プールつきのスーパー銭湯など、泳ぎに行くことへのハードルも高いばかりではなかった……という気づき自体が大収穫でした。

 

自分に無理のないペースで心と体のデトックスに、QOL向上のために、プールに行ってみる!

感染症対策には引き続き気をつけながら、いかがでしょうか?

 

ということで、本日はここまで!
最後まで読んで頂き、ありがとうございました!