なえまる*はなまる

典型的かに座なアラフォー庶民のQOLを上げる暮らしのアレコレ

QOLを上げたい!*お気に入りの食器をすこしづつ買い足す

こんにちは、なえまるです。

ご訪問いただきありがとうございます。

 

みなさんは、食器を買い替えるタイミングって、何かありますか?

 

実は先日カレーを配膳中、事件が起きまして……。

カレー皿にごはんだけをよそった状態でバランスをくずして、そのままカレー皿が割れてしまいました……。

 

安い陶器のカレー皿は、ものすごく細かく割れて、破片も方々に飛び散って片付けが大変でした。

 

カレーのルウをよそう前でよかったんですけどね……。

 

こういうアクシデントで、買い替えたり補充したりすることはありますが!

 

なにかのご褒美や、記念日に少しずつ増やしていきたい食器ってありませんか?

今日は私のあこがれの食器や、実際に買ってよかったと思う食器について語らせてください。

 

 

イッタラ・カステヘルミシリーズ

 

まずは大好きなイッタラのカステヘルミシリーズ!

イッタラといえば、友人知人への結婚祝いでプレゼントすることが多いのですが、自分が使うには贅沢品……という位置づけの食器です。

 

あこがれの存在……と思っていたのですが、ある年、友人が誕生日プレゼントにカステヘルミのプレートを贈ってくれたのです。

その時に、やっぱり素敵!うれしい!幸せ!という気持ちが溢れました。

 

カステヘルミのプレート


それからは、少しずつ購入することを決意して、お気に入り商品に登録しておいてはここぞというときに増やしています。

 

230mlのボウルが使い勝手がよくておすすめです!

サラダやヨーグルト、フルーツなどを出す際には、これでぐんとオシャレになります。

 

カステヘルミの2色のボウル


リンク

 

公式サイトはこちらです。

カステヘルミ | iittala/Arabia 公式通販サイト

 

カネコ小兵製陶所のリンカシリーズ

 

カネコ小兵の2色のミニボウル


こちらのミニボウルは、購入まで1年以上かかりました。

絶対好き!絶対使える!と直感でひとめぼれしたけれど、手持ちの小鉢が割れるまで我慢していました。

いざ購入!の時にはものすごくテンションがあがったのを覚えています。

 

こちらのミニボウルに、茄子の煮びたしを盛りつけたとき、小料理屋のおかみになったような気分を味わいました。

器でこんなにも料理の印象がかわるのだなと実感できたものです。

 

つぎはオーバルプレートも欲しいのですが、まずはミニボウルをおすすめしたいです!

 

 

公式サイトはこちらです。

リンカ|美濃焼のスープ皿・パスタ皿|㈱カネコ小兵製陶所

 

ウェッジウッドのワイルドストロベリーシリーズ

 

レブなマダムのおうちには必ずありそう。

 

これは誉め言葉です!

そんなイメージのウェッジウッドのワイルドストロベリー。

 

いつかは私も……と思っていた時、引き出物のカタログギフトに掲載されていたデルフィのカップ&ソーサーを見つけて引き換えてみました。

 

ワイルドストロベリーのカップ&ソーサー


まさにセレブなマダム気分を味わいたいティータイムには出番が来ます!

 

hanamaru15.hatenablog.com

 

うっとりしながらはちみつ紅茶を楽しむこともありますが、残念なことに1客しかもっていないので……。

せめてペアにしたい!という気持ちで、虎視眈々とチャンスを狙っているところです。

 

かわいらしくて、長く大切に使える素敵なシリーズですね!

 

 

公式サイトはこちらです。

ワイルドストロベリー|WEDGWOOD公式オンラインショップ

 

ミナペルホネンのタンバリンシリーズ

 

 

ミナペルホネンのタンバリンシリーズの食器は、永遠の憧れです。

まだひとつも手に入れたことはなく、いつかは、いつかは……!と思い続けている日々です。

 

それこそなにかの記念日や、ひとしごと終えた時などに思い切ってお迎えしたいですね……。

清水買いするためのきっかけが欲しいところです!

 

公式サイトはこちらです。

minä perhonen

 

おしまい

 

こうして並べてみるだけでも、うっとりして幸せな気持ちになれる食器の数々……。

 

日常遣いにするには高価なものもありますが、毎日の暮らしの中でかならず出番のあるものばかりです。

思い入れを持って大切に使えば、お値段以上の幸せにつながると思っています。

 

すこしずつ手に入れたものを大切にして、さらにこれからもすこしずつお気に入りをお迎えできるように!

お仕事頑張るぞー!という気持ちにつながるひそかなお楽しみということで、これからもお気に入りの食器を眺めて暮らしていきたいと思います。

 

ということで、本日はここまで!
最後まで読んで頂き、ありがとうございました!